%e3%83%ad%e3%82%b4

Environmental Conservation 環境の保全

環境エネルギー関連等補助金

環境エネルギー関連等補助金

環境エネルギー関連等補助金の活用

補助金制度を積極的に活用し、環境負荷低減・省エネに取組んでいます。
特に経済産業省「エネルギー使用合理化事業者支援補助金」を活用し、省エネ・CO2削減に向けた積極的な設備投資を行っています。
直近5ヵ年(2014~2018年度)では、先端技術実証事業や国内立地推進事業等補助金など13件が採択され、それぞれの目的に沿う効果をあげています。

省エネルギー

経済産業省「エネルギー使用合理化事業者支援補助金」を活用し、青海工場のクロロプレンゴム製造設備・電解プラント、千葉工場のスチレン製造設備、渋川工場の高効率ボイラ導入で期待された効果を上げています。2018年に高機能石灰炉が完成し、操業を開始しました。また、2018年度から青海工場で複数年事業「ガスタービン発電等による省エネ事業」をスタートし、今後の成果が期待されます。

環境負荷低減

経済産業省資源エネルギー庁「二酸化炭素回収・貯蔵実証総合推進事業」で、中部電力株式会社、鹿島建設株式会社、ランデス株式会社と当社のコンソーシアムが取り組む、環境配慮型コンクリート「CO2-SUICOM」普及促進事業を実施しました。同製品は「平成26年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞しました。

先端技術開発など

経済産業省(NEDO)「低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト」で、大牟田工場の「SiCパワーモジュールの開発」を実施しました。千葉工場では「国内立地推進事業費補助金」を活用し、超高純度アセチレンブラック製造設備が2015年より操業を開始しています。

補助金実績一覧
  分類 案件 事業所 関係官庁 補助事業名 年度
1 省エネ 冷凍機高効率化(クロロプレンゴム)および固化剤製造システム変更(セメント)による省エネ事業 青海工場 経済産業省 エネルギー使用合理化事業者支援事業 2014年度 ~2016年度
2 省エネ 石油化学工場における蒸気、燃料等使用量削減による省エネ事業 千葉工場 経済産業省 エネルギー使用合理化事業者支援事業 2014年度 ~2016年度
3 省エネ 電解プラントと火力発電所の省電力設備導入及びカーバイドプラントのプロセス改善 青海工場 経済産業省 エネルギー使用合理化事業者支援事業 2015年度 ~2018年度
4 省エネ ガスタービン発電、セメント粉砕機改善、送水ポンプ最適化 青海工場 経済産業省 エネルギー使用合理化事業者支援事業 2018年度 ~2020年度
5 省エネ 高性能ボイラ導入 渋川工場 経済産業省 エネルギー使用合理化事業者支援事業 2018年度  
6 環境 環境配慮型コンクリート「CO2-SUICOM」普及推進事業 青海工場 経済産業省・資源エネルギー庁 二酸化炭素回収・貯蔵実証総合推進事業 2014年度 ~2016年度
7 先端技術 次世代高熱伝導性フィラー用窒化ホウ素実証設備 大牟田工場 経済産業省 先端技術実証・設備整備費等補助金 2013年度 ~2014年度
8 先端技術 次世代リチウムイオン二次電池の革新的技術開発設備 先進技術研究所 経済産業省 先端技術実用化非連続加速プログラム 2014年度  
9 先端技術 高出力密度・高耐圧SiCパワーモジュールの開発 大牟田工場 経済産業省 低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト 2014年度 ~2016年度
10 国内立地 リチウムイオン電池用高性能導電剤(アセチレンブラック)製造設備 千葉工場 経済産業省 国内立地推進事業費補助金 2013年度 ~2014年度
株式会社ディ・エフ・エフ, デンカ株式会社 CSR・広報室, デンカ株式会社 IR室
環境の保全
マネジメント
Response thumb default for thumb

環境中期計画

第6次環境中期計画の最終年度であった2018年度は、省エネ活動は概ね計画通り進捗いたしましたが、水力発電所が立地する地域の渇水の影響によって、再生...

環境の保全
気候変動対策の推進
Response thumb default for thumb

気候変動対策の推進

フロン法の対応について フロン排出抑制法(2015年4月施行)に基づき、オゾン層保護と地球温暖化防止のため、業務用冷凍空調機の廃棄時フロン回...

環境の保全
電力の取り組み
Response thumb default for thumb

電力の取り組み

電源別電力構成比率(2018年度) 報告範囲:デンカ国内本体6工場、イノベーションセンター、事業部門(本社・支...

環境の保全
環境エネルギー関連等補助金
Response thumb default for thumb

環境エネルギー関連等補助金

環境エネルギー関連等補助金の活用 補助金制度を積極的に活用し、環境負荷低減・省エネに取組んでいます。 特に経済産業省「エネルギー使用合理化...

環境の保全
水資源保全
Response thumb default for thumb

水資源

(1) 背景 限りある水資源は、気候変動とともにグローバルな課題として認識されています。 事業所から海・河川などの公共用水域への...

環境の保全
環境会計
Response thumb default for thumb

環境会計

環境保全コスト 2018年度の環境投資の主要項目は、省エネルギー設備の導入などに伴う地球環境保全コスト(82%)、環境負荷低減対策(14%)...

環境の保全
主な環境負荷の状況
Response thumb default for thumb

主な環境負荷の状況

主な環境負荷の状況(2018年度の全事業所合計(カッコ内は2017年度))

環境の保全
2018年度環境パフォーマンスデータ
Response thumb default for thumb

2018年度環境パフォーマンスデータ

生産量比およびエネルギー原単位比 2018年度のエネルギー原単位は2013年度比93.5%となり、平均で年1%以上の...

環境の保全
事業所別環境パフォーマンスデータ
Response thumb default for thumb

事業所別環境パフォーマンスデータ

環境パフォーマンスデータ(2018年度)主な排出量及び利用量の割合 (カバー範囲)本データは以下の22拠点のデータを集...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb 2019%e5%b9%b4csr%e5%a0%b1%e5%91%8a %e5%86%99%e7%9c%9f %e4%bd%8f%e6%b0%91%e8%aa%ac%e6%98%8e

2018年11月15日【デンカアヅミン】地区公害防止協議会関係者視察

11/15に地元二枚橋町と直町の関係者が来場し、見学及び質疑が行われました。質疑では活発な質問があり、即答できない質問は後日に回答いたしました。最...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb default for thumb

2018年9月【デンカアヅミン】硝酸再利用のための冷却設備の更新

9月に新しい井戸が完成し、稼働しました。原料として硝酸を大量消費しており、硝酸から変化したノックスガスを硝酸に酸化、再利用しています。回収には大量...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb default for thumb

2018年7月【日之出化学工業】KES(京都環境マネジメントシステム)ステップ2活動

KES外部機関による更新審査(三年毎)を2018年7月に受審し合格しました。本活動は7年目に入りますが、三ヶ年計画を策定して、環境マネジメントシス...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb 002 01

2018年4月28日【渋川工場】中村用水路堰さらい

渋川工場には、地元中村地区の重要な農業用水が構内および工場隣接を通り、水田へとつながっております。水の取り入れが始まる時期を目途に、CSR活動の一...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb 004

2017年12月20日【デンカアヅミン】肥料品質保全協議会

12/20に仙台市にて東北地区肥料品質保全協議会の総会が開催されました。総会では肥料取締法関連省令等の改正内容の説明や肥料工場立ち入り検査状況の報...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb 003

2017年11月14日【デンカアヅミン】地区公害防止協議会が工場視察のために来場

11/14に地元二枚橋町と直町の関係者11名が来場され、弊場環境対策への質疑及び視察が行われました。地域の方に会社を良く知って頂く良い機会となりま...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb 001

2017年11月4日【デンカアヅミン】環境対策のための新設備を設置

弊場では原料として硝酸を大量に消費するため、工程からNOxガスが発生します。そのため、発生したNOxは空気酸化後、冷却水に溶解させ、回収し、硝酸と...

環境の保全
CSRトピックス
Response thumb %e7%94%bb%e5%83%8f

2017年7月20日【日之出化学工業】「KES(京都環境マネジメントシステム)ステップ2」の維持審査

KES外部機関による継続審査を2017年7月20日に受審、本活動は6年目に入りました。今年度は3年毎の継続審査を7月に受審します。三ヶ年計画含めて...