%e3%83%ad%e3%82%b4

Products and Technologies 製品・技術

SDGsへの貢献

SDGsへの貢献

Theme thumb 23

Theme thumb 028

Theme thumb 029

  • 「化学の未知なる可能性に挑戦し、新たな価値を創造(つくる)ことで、社会発展に貢献する企業となる。」は、SDGsの社会発展に向けた精神と目的を一とする、デンカの使命です。
    SDGsを羅針盤として、独自の製品技術やソリューションを生み出し、世界発展への貢献を目指していきます。

  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGs導入ステップ

SDGs導入ステップ

3つの重点分野

地球温暖化対策の製品・技術開発について

化学製品を製造する電気炉や化学プラントを稼働させるためには、低廉で安定的なエネルギーの確保が必要です。100年を超える歴史の中では事業存続にかかわる困難を幾度も経験してきました。
そのためデンカは再生可能エネルギーの増発電や各工場の省エネルギーに取り組むとともに、製品・サービスの提供を通じた、地球温暖化防止への貢献を推進しています。
世界では、CO2を利用して有機化合物合成を行う研究や、微細藻類の光合成や作物の促進光合成に積極的に使う研究も進んでいます。こういった研究も参考にしながら、CO2を大気へ排出せずに製品に利用するための、デンカ独自のCCU技術(Carbon capture & utilization)の確立を目指していきます。

  • 【放熱材料】  自動車電装部品、デジタル家電、パワーモジュール、スイッチング電源、LED照明、フラットパネルディスプレイ、太陽電池などの様々なデバイスの熱対策で使用され、省エネの実現と、長寿命化に寄与
  • 【食品包装材料】食品容器の薄肉化・減容化を追求しプラスチック使用量削減を推進。
    バイオプラスチックの利用拡大
  • 【蛍光体】   LEDの普及に貢献し、省エネ化の一翼を担う
CO2排出ゼロの環境配慮型コンクリート「CO2-SUICOM」

デンカには、世界中が開発に取り組むCCU技術の先駆けとなる「CO2-SUICOM」があります。この製品はデンカと中国電力株式会社、鹿島建設株式会社、ランデス株式会社の4社が共同開発した環境配慮型コンクリートです。デンカが開発した炭酸化混和材「LEAF®」のCO2を吸い込み(スイコム)固定化する性質を活かして、総排出量を実質ゼロ以下にするCCU技術の製品です。炭酸化反応での硬化養生を行うため、ほぼ中性であり植物や生物への影響が少ないという特長も有しています。
「CO2-SUICOM」は新しいコンセプトのCCU技術として、平成26年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰、第13回エコプロダクツ大賞推進協議会長(優秀賞)などを受賞して社会的にも注目を集めています。

セメントプラントの資源リサイクルシステム

デンカ青海工場では、社会から排出される廃棄物を、セメントの原料や燃料として受け入れています。上下水道の汚泥、災害で発生した瓦礫、建設残土、廃油、廃プラスチック、廃タイヤ、自動車のリサイクルで最後に残るシュレッダーダスト、そして火力発電所や製鉄所の副生物である石炭灰、石膏、鉱さいなどの廃棄物は、その多くが埋め立て処分せざるを得ないものです。それぞれの資源は、形状や成分が異なり安定していないこともあり、安全と品質の管理に細心の注意を払いながら、高度な管理技術を駆使してセメントの製造を行っています。環境保全と地域社会の資源循環を支える基盤であるセメント事業は、事業収益の向上と、社会貢献を両立する優れた CSV(Creating shared value)事業です。

自社で運営する水力発電所

デンカは1915年の会社創立時より水力発電所の建設と運営を行っています。現在新潟県と長野県内に10ヶ所の自社発電所と5ヶ所の共同保有の発電所があり、いずれも「流れ込み式」と呼ばれる環境に影響の少ない取水方式を採用し、急峻な地形の高低差を利用して水車ランナーを回し発電を行っています。
1921年開設の小滝川発電所などの100年にも及ぶ歴史的な設備を大切に利用するとともに、発電効率を高める設備更新や新たな水力発電所建設も行っています。新規の水力発電所の建設は、建設期間が長く大きな費用がかかるため、大きな困難が伴います。
地域社会のご理解とご協力の下、国の支援制度を活用しながら、長年培ってきたノウハウを再生可能エネルギーの利用拡大と社会発展に活かすことが、デンカの社会的責任であると捉えています。

株式会社ディ・エフ・エフ, デンカ株式会社 CSR・広報室, デンカ株式会社 IR室, 星和ビジネスリンク
製品・技術
社長対談
Response thumb 022

社長対談

(2019年6月 デンカ本社にて 左/山本社長 右/蟹江教授) デンカのモノづくりを通じた 未来の価値創造 ...

製品・技術
SDGsへの貢献
Response thumb 23

SDGsへの貢献

「化学の未知なる可能性に挑戦し、新たな価値を創造(つくる)ことで、社会発展に貢献する企業となる。」は、SDGsの社会発展に向けた精...

製品・技術
SDGs/社会・環境貢献製品一覧表
Response thumb default for thumb

SDGs/社会・環境貢献製品一覧表

SDGs (17の目標) 部 製品...

製品・技術
スペシャリティー事業の成長戦略【自動車分野特集】
Response thumb 030

スペシャリティー事業の成長戦略【自動車分野特集】

自動車市場の動向 自動車業界は、「100年に一度の大変革期」を迎えており、そのトレンドは、CASE(コネクテッド:Conne...

製品・技術
自動車における成長戦略【社員座談会】
Response thumb 037

自動車における成長戦略【社員座談会】

開催日:2019年6月21日 場所:デンカイノベーションセンター(東京都町田市) (役職は座談会開催当時のもの 座談会...

製品・技術
事業戦略【5部門】
Response thumb default for thumb

ライフイノベーション部門

培ってきた技術を融合させ、 新たな価値の創造へ 執行役員 ライフイノベー...

製品・技術
事業戦略【5部門】
Response thumb default for thumb

電子・先端プロダクツ部門

独自のテクノロジーを活かし、 新製品の開発を推進 執行役員 電子・先端プ...

製品・技術
事業戦略【5部門】
Response thumb default for thumb

インフラ・ソーシャルソリューション部門

時代の要請に応える、 ソリューションビジネスを展開 執行役員 インフラ・...

製品・技術
事業戦略【5部門】
Response thumb default for thumb

エラストマー・機能樹脂部門

多彩な技術と豊富なノウハウで、 技術革新、社会発展に貢献 常務執行役員 ...

製品・技術
事業戦略【5部門】
Response thumb default for thumb

生活・環境プロダクツ部門

新たな価値を創造し、 市場が求める製品を供給 執行役員 生活・環境プロダ...

製品・技術
研究開発事例紹介
Response thumb default for thumb

研究開発事例紹介

① オープンイノベーションの推進 2014年にデンカイノベーションセンターをオープン以来、来訪者は延べ約1,140機関、6,300名を数えて...

製品・技術
品質方針・考え方
Response thumb default for thumb

品質方針・考え方

経営計画「Denka Value-Up」達成に向け、全員が高い品質意識を持ち、コンプライアンス、製品安全の徹底ならびに継続的な品質改善活動を通して...

製品・技術
品質マネジメント
Response thumb default for thumb

製品安全管理

製品安全は、ご使用の用途、用法、品質要求や関連する法令などの諸条件を踏まえて製品のリスクを評価し、リスクに応じた管理を行っています。リスクアセスメ...

製品・技術
品質マネジメント
Response thumb default for thumb

品質マネジメントシステム

事業部門に品質保証室を設置 当グループの品質保証体制を強化するため、2019年4月に既設の電子・先端プロダクツ部門とライフイノベーション部門...

製品・技術
品質マネジメント
Response thumb default for thumb

化学物質管理の取り組み

人および環境に有害性の懸念がある化学物質については、「化学物質管理ガイドライン」に基づいて法律や業界基準を含めて対応・管理しています。特に規制物質...

製品・技術
品質マネジメント
Response thumb 058

品質教育

新入社員から、品質管理の基礎教育、中級教育を実施するほか、階層と担当する製品に応じて、法令・規則、統計的品質管理と信頼性・品質機能...

製品・技術
顧客満足度向上活動
Response thumb default for thumb

顧客満足度向上活動

お客様の要求を的確に捉え、また当社へのご評価を品質保証活動に反映させるため、電子・先端プロダクツ部門、及び生活包材部門において、お客様満足度調査を...

製品・技術
紛争鉱物への対応・考え方
Response thumb default for thumb

紛争鉱物への対応・考え方

アフリカ大陸等の紛争地域で採取される鉱物は、紛争活動を助長する勢力の資金源となりうることから、米国金融規制改革法による規制をはじめ、欧州においても...

製品・技術
サプライチェーンとのパートナーシップの強化
Response thumb default for thumb

持続可能なサプライチェーンの構築

現在、CSRはその会社単独としての活動ではなく、その会社のサプライチェーンも含めてのCSRが求められるようになってきております。当社も「持続可能な...